会費について

ホーム > 会費について

社協会費とは(会員会費制)

 千曲市社会福祉協議会は〝誰もが安心して暮らすことのできる福祉のまちづくり″を使命とし、地域の皆さまをはじめ、ボランティア、関係団体などと共に地域の課題解決に向けて取り組んでいます。
 福祉課題は公的な福祉サービスだけでは解決できないことがたくさんあります。そこで住民の皆さまによる福祉活動〝住民相互の支え合い″が不可欠です。
 社協会費の会員制度は、住民一人ひとりが福祉に関心を持ち、積極的に地域の福祉活動に参加していただくことを目的としています。
 社会福祉協議会の運営は市民の皆さまからの会費、寄付金、県・市からの委託料や補助金で行っており、会費は社協が実施する地域福祉事業の大切な財源となっています。
 社協会費の納入は事業費としての目的だけではなく、広く市民の皆さまに社協の地域福祉事業にご賛同いただくとともに一緒に参加していただくことと同じ意味を持っています。
 毎年7月は強化月間として会費納入を各区・支部社協を通じてお願いしています。ご理解とご協力をお願いいたします。
こちらも(社協会費チラシpdf)もご覧ください。

会費の種類及び会費の金額
普通会費(個人等) 市内の全世帯にお願いしています。 900円(年額)
法人会費 社協事業活動に賛同してくださる企業・事業所等(個人事業主・個人商店も含みます。) 2,500円(年額1口)
賛助会費 社協事業活動に賛同してくださる個人・団体等(何口でも結構です。) 1,000円(年額1口)
特別会費 社協事業活動に賛同してくださる個人・団体等(何口でも結構です。) 10,000円(年額1口)
※普通会費のほぼ半分、法人、賛助、特別会費のほぼ全額はお住まいの支部の事業に使われます。
会費の使い道について

皆さまから納入いただいた会費は、高齢者・障がい者、子どもたちなど全ての地域住民が生き生きと暮らすことのできる「地域福祉」をすすめる貴重な財源になります。
※会費は職員人件費には一切使われておりません。

皆さまの会費で運営している事業

【社協支部事業】

11ある支部社協では、ふれあいサロンの充実・支援、在宅介護者支援事業など、地域住民による地域住民の為の福祉事業の推進に努めています。

【移送自動車・車いす貸出事業】

本人及び介護者の負担軽減など、日常生活に利便を図るため、移送自動車や車いす等の貸出事業を行っています。

【相談事業】

心配ごと相談、司法書士法律相談の窓口を開設しています。また、結婚相談も行っています。

【ボランティア・市民活動交流センター事業】

お互いに支え合う街づくりを目的に、ボランティアの育成、ボランティアについての相談、連絡調整・広報啓発等様々な活動を行っています。

会費の流れについて

会費の流れについて